自慢の特産品
自慢の特産品

産地紹介

 新潟県の南西部、3市町村(柏崎市、長岡市、刈羽村)にまたがるJA柏崎は、日本海と米山、黒姫山、八石山の 3山に囲まれ、河川については主に鵜川、鯖石川、別山川、渋海川という4つの川を有しています。

 海岸地帯から山間地帯まで多様な環境を有しており、そのなかで稲作、畑作ともに地域の特徴を生かした農産物の生産を行っています。

 基幹作物である米については、「コシヒカリ」はもとより、県下に先駆けて生産拡大に取り組んだ「こしいぶき」や、県下で一番出回りが早い「越路早生(収穫期:8月中旬~下旬)」を中心に、安全・安心で高品質な米づくりに取り組んでいます。

稲作の取り組み

 JA柏崎では、環境にやさしい米づくりの一層の推進強化をはかるため、25年産米から「エコグリーン作戦」を開始し、JA管内全域で「コシヒカリの農薬・化学肥料5割低減栽培」「網目1.9mmによる選別」に100%取り組むことを目指しています。

 「みどりの畦畔づくり運動」や「育苗センターでの生物殺菌剤による種子消毒」にも、引き続き取り組んでいます。

 また、登熟期の高温等により品質低下を招いていることから、適切な施肥や高温時の水管理、土づくりの推進など、 気象変動に左右されない安定した品質確保に向けた栽培技術指導の強化に取り組んでいます。

【主な具体策】
 ○稲作だよりの配布や携帯メール配信等によるタイムリーな情報提供
 ○重点指導地域の設定と指導会開催回数の増加
 ○土づくりの推進に向けた、土づくりマップの作成

JA柏崎の概要
生産者数  2,308人
作付面積  4,034ha
生産量  18,209トン
銘柄別生産量
コシヒカリ 11,601トン
こしいぶき 4,899トン
越路早生 295トン
その他うるち 320トン
酒米 158トン
もち米 936トン
水稲農業施設 柏崎カントリーエレベーター、柏崎ラック式ライスセンター、自動ラック式低温倉庫、
小国カントリーエレベーター、 刈羽カントリーエレベーター、 西山ライスステーション

 さらに、地域の特徴を踏まえた「こだわり米(特別栽培米、棚田米、はさかけ米等)」や「地域指定米」の生産に取り組んでいます。

 JA柏崎では地域の特性に合った園芸主要8品目の生産拡大と安全・安心な農産物の栽培・集荷・販売体制の強化と取り組み易い環境整備を進めています。

イチゴ(越後姫)

イチゴ(越後姫)

 越後姫は香りが良く、甘くて粒が大きいことが特徴です。
 JA柏崎では、1月上旬から出荷が始まり最盛期は4月上旬~5月上旬です。

枝豆

枝豆

 枝豆は豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った、とても栄養価の高い野菜です。
 JA柏崎では7月上旬から出荷が始まり、最盛期は8月上旬から9月上旬です。

カリフラワー

カリフラワー

 カリフラワーはビタミンCが多いのが特徴で生のカリフラワーはみかんの2倍含まれています。
 JA柏崎では9月中旬から出荷が始まり、最盛期は10月中旬から11月上旬です。

玉ネギ

pic_onion

 玉ネギは血液をサラサラにする効果があり高血圧、糖尿病に高い効果があると言われています。
 JA柏崎では6月中旬から収穫が始まり、最盛期は6月中旬から7月中旬です。

オータムポエム

オータムポエム

 オータムポエムはビタミンA・Cを多く含み、冬のビタミン源として重宝します。
 JA柏崎では9月下旬から出荷が始まり、最盛期は1月上旬から2月上旬です。

アスパラガス

アスパラガス

 アスパラガスは免疫力を高めて肌荒れを防ぐβ―カロテンが多く含まれています。
 JA柏崎では5月上旬から出荷が始まり、最盛期は1月上旬から2月上旬です。

ニンニク

にんにく

 ニンニクは疲労回復に役立つビタミンB1の働きを高める作用があると言われています。
 JA柏崎では7月上旬から出荷が始まり、最盛期は7月中旬から8月中旬です。

ブロッコリー

ブロッコリー

 ブロッコリーは疲労回復や美肌効果が期待できるビタミンCがレモン果汁の2倍以上含まれています。
 JA柏崎では10月上旬から出荷が始まり、最盛期は10月下旬から12月上旬です。

JA柏崎米ものがたり

 下記のご紹介商品は愛菜館でもお買い求め頂けます。


ご購入に関してのお問い合せ先

精米について物流センター TEL 0257-22-8500
加工品について直販課 TEL 0257-21-2096

 または最寄りの各支店へお問い合せ願います。