続可能なJA経営基盤の確立・強化における店舗機能・ATMの見直しについて

はじめに

 日頃よりJAの事業活動に特段のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 JA柏崎では、持続可能なJA経営基盤の確立・強化における店舗機能・ATMの見直しを令和4年1月24日(月)より実施させて頂きます。

店舗機能見直しの理由

 信用事業を中心とした事業環境の変化等により経営収支の悪化が不可避となることから、「総合事業体」としての機能を発揮するために、店舗機能・ATMと営農センター及び営業センター体制の見直しを行います。

店舗機能見直し内容

支店 現行の7基幹支店・1支店を4総合サービス店舗・4よりそいプラザとし、機能別店舗への見直しを行います。

営農センター 従来の支店機能から本店機能とすることで、人員配置の効率化による出向く体制の強化・地域に応じた各種指導・相談業務の拡充等を図ります。

営業センター 平準的なスキルアップの向上と地域の特性に合った情報共有活動によるライフ・プラン・サポートの確実な実践と構築を目指すため、営業課職員を2カ所の営業センターに集約します。

新体制
実施時期
令和4年1月24日(月) 予定
ATM 設置台数の適正化の観点からATM設置台数の見直しを行います。
(1)設置台数について
  現行の設置台数16台から13台に見直します。
(2)廃止のATMについて
  北条、七日町第2、上小国は廃止させていただきます。
ATM
廃止時期
令和4年1月22日(土) 予定