営農情報

お知らせ

【農家の皆さまへ大切なお知らせ】大雨による浸・冠水後の作物管理について

2017.07.03

農家の皆さまへ大切なお知らせ

大雨による浸・冠水後の作物管理について

 豪雨により、ほ場の浸水・冠水が発生しています。

 長時間の停滞水は作物の生育に大きなダメージを与えます。

 すみやかに以下の対策を行い、被害を最小限にとどめててください。

1.水稲

(1)冠水した場合は、できるだけ早く排水を図り、葉先だけでも水面上に出せるよう努めてください。

(2)浸・冠水した場合は、白葉枯病やいもち病等が発生し易いので、病害虫の早期発見・防除に行ってください。

(3)浸・冠水した場合は、葉色が上昇する場合があるので、生育の変化に留意し、穂肥の施用量を調節してください。

 

2.大豆

(1)浸・冠水した場合は、できるだけ早く排水するように努めてください。

2)湿害による黄化や生育不良などの症状が見られたら、窒素追肥を10a当たり成分で1~3kgを施用するとともに中耕・培土を行ってください。

 

3.野菜

(1)浸・冠水したほ場は、明きょやポンプ等を活用した速やかな排水に努めてください。

(2)茎葉が泥により汚れた場合は、できるだけ清水で洗い流してください。

(3)病害発生リスクが高まるため、すみやかに病害対策として殺菌剤の予防散布を行ってください。

(4)草勢回復のため、葉面散布や液肥等による追肥を行ってください。

(5)露地の果菜類(なす等)で、しおれ症状が見られる場合は、若もぎによる草勢回復等を図ってください。

 

                         [お問い合わせ先]

                     柏 崎 農 業 協 同 組 合

                     営農経済部 営農指導課

                     TEL.0257-21-2095