トピックス

お知らせ

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントについて

2020.06.08

熱中症予防行動のポイント

 〇野外やハウスで人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、

  熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずす。

 〇マスクを着用している場合には、強い負荷の作業などは避け、のどが渇いてい

  なくてもこまめに水分補給を心掛ける。また、周囲の人との距離を十分にとれる

  場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要。

 〇冷房時でも換気扇や窓開放によって換気が必要。この場合、室内温度が高くな

  るので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整する。

  詳細はこちら